アロハラニについて

当ハラウは、フラを基礎から丁寧に楽しく学ぶことができます。クムフラから受けついだものをわかりやすく生徒に伝えています。技術的なことは勿論のこと、五感で感じたことを表現する「表現力」の指導にも力を入れています。

リラックス&エンジョイしたい方から、本格的にフラを修得したい方まで、心地よいハワイアンミュージックに合わせて踊ってみませんか?ご興味のある方は、ぜひ、体験レッスンにお越しください。

ハラウ主宰者 新保美穂 Miho Ku'u Lei Papahi Shimbo

マウイ島のクムフラ 「カフル・マルオ」に師事。
当ハラウは、特に表現力に力を入れています。クムフラからの「曲を理解し、心と身体と瞳で伝える器になる事こそが、フラである」という教えをそのまま生徒にシェアできるよう指導に当たっています。

技術面では呼吸法を取り入れる事で、上半身を安定させ、フラをより優雅で美しく表現する事ができるよう指導しています。習得する事がたくさんありますが、ただ振り付けを覚えて楽しく踊るだけではなく、フラの難しさ、奥深さを感じてもらえたらと思っております。

フラを通じて生徒のみなさんと一緒に感動を味わうその瞬間は何にも替え難い、最高の喜びです。

ハラウ主宰者 新保美穂 Miho Ku'u Lei Papahi Shimbo

クムフラ カフル・マルオ Kahulu Maluo

マウイ島にて、Halau KamaluoKaleihulu 主宰。

幼いころからエマ・シャープからフラを習い、高校生になるとホークーラニ・ホルトの元でフラを学ぶ。大学でハワイ島に行き、レイ・フォンセカのハラウに入る。1990年にハラウ・フラ・オ・カヒキラウラニからミス・アロハ・フラに出場し、2位に入賞。その後、マウイ島に戻り1996年にハラウを開く。2003年、ホークーラニ・ホルトの元でウニキを授かる。

若手ながら知識・経験共に豊富で、彼女から発せられる言葉や踊り表現にはフラの真髄を見る事ができます。

また、年に1~2回、日本にてワークショップを開催しており、クムフラから直接指導を受けことができます。

クムフラ カフル・マルオ Kahulu Maluo
Hālau Hula O Alohalani(フラ ハーラウ フラ オ アロハラニ)レッスンの流れ
Hālau Hula O Alohalani(フラ ハーラウ フラ オ アロハラニ)よくある質問
Hālau Hula O Alohalani(フラ ハーラウ フラ オ アロハラニ)ハラウ自慢